スポット勤務の医師求人の活用事例

突然の人で不足に活用する「スポット勤務」の医師

医療機関は医師がいてこそ成立する突然の人で不足に活用する「スポット勤務」の医師手の空いた時間を有効活用できるのは医師にとってもメリット

この仕組みは医師と直接やり取りをするのではなく、間に紹介会社と呼ばれる中間管理業者を挟むのが特徴になっています。
医療機関側のニーズを的確に理解し、そのニーズを満たすことが出来るドクターが見つかり次第つないでもらうことが出来るのが魅力となっています。
このサービスを利用しなければ縁もゆかりもないドクターとつながることが出来るという点で、非常に役立つ仕組みであるとサービスを利用する立場としては感じます。
直接やり取りをすると様々なところで確認不足などの問題が生じる場合がありますが、中間管理の業者を挟むことで間違いなく業務を行うことが出来る人材を紹介してもらえるのが良いところでした。

勤務医と開業医の格差はいったい何なのだろう?勤務医は年収もそんな高くはないし労働時間や夜勤もあるし、帰郷中のオンコールで休暇即終了。開業医は眼科皮膚科美容外科などだと定時に帰れ週4日勤務で年収は億を超える。だから家の県では耐えかねた大学病院の医者がこっそり悪徳開業医でバイトしてる

— レーシック難民を救う会@やった!勝利的和解!!なのに…被告の品川近視クリニックが和解条項を守らない… (@lasik_victims) 2018年8月30日
単発の仕事の際にいつも不安に思っていたのが、会ったこともないドクターに上手に仕事をこなしてもらえるのかどうかという点でしたが、経験豊富な人材をしっかりと紹介してくれますので安心して任せることが出来たのです。
急な人材不足や仕事の発生に対してピンポイントで働いてもらえるスポット勤務の紹介は急な人手不足に対する対応策として非常に役立ちました。